ナショナル坊や

ナショナル坊や

 1950年代。
 このキャラクターについては、松下電器産業にもいっさい記録が残されていません。
 この置き物は軟質のセルロイドで販売促進用のプレミアものです。
 現在も使用されていて七三わけの子供が「ぼっちゃん」のイメージとなった 昭和30年代の雰囲気を残しています。