引札

引札

 戦勝下の家族を題材にした明治末期の引札でしょう。
 日本は戦争に勝利しました。
 子供も妻も誇らしげだが しかし夫はそこにはいません。
 奇妙なアンバランスを包み込む新興日本の熱気。
 この引札の作者は時世を見つめています。