味の素の微笑


味の素の微笑

 戦前の昭和。
 ふしぎな構図である。
 まるで下くちびるを噛むかのような微笑。しかも女性はそれをさり気なく指さしている。
 芸者たちの職業的な笑みが、日本女性の意思表示をまず先導した。