三菱レオ

三菱レオ

1950年代
 「三菱3輪ペット」という新ジャンル名を与えられ、手塚治虫のヒット作、ジャングル 大帝の 主人公レオにあやかって名付けられたこのモデルは、シリーズ初のオールスチール製 キャビンを持ち、オート三輪史上初のシンクロメッシュ式3速MTを搭載。最高時速は 約74km/hと当時の軽オート三輪の中でも最速を公称した。


BACK > < NEXT
一覧表示