ポッピングカー

ポッピングカー

 1950年代。日本製。
 2台共フリクション。左のオープンカーはトランクを開けると電話をかけている猿が飛び出す仕掛けになっている。
 右の車のタイヤはゴム製であるが、左の車はブリキで作られていて1950年代でも初期のおもちゃと思われる。
 ブリキのバンパーとフロントグリル、バックミラーの大胆な打ち抜きがいかにもおもちゃっぽい。


BACK > < NEXT
一覧表示