アストロノート・スペースマン

アストロノート・スペースマン

 1950年代。日本製。
 フリクションで動きます。後ろのクランクを回すと前進しますが、右のロボットは口を開けたり閉じたりします。足の部分はハカマのような形をしており、このハカマ型のロボットはロビー型とならんで、様々な形のものが作られました。


BACK > < NEXT
一覧表示