明治の中頃から、自然素材―象牙、べっ甲等の代替品として輸入されたセルロイドは、くし、眼鏡縁や、ビリヤードの玉など手作業によって加工されていましたが、その後さまざまな技法によって、おもちゃへと生まれ変わっていきました。
昭和20年代半ば、プラスチックに、玩具材料としての地位を譲るまで実に様々な、しかも細かい作りのおもちゃが生産されました。
 
キューピー
1950年代(日本製)
ボクサー
1940年代(OCCUPIED JAPAN)
1950年代(日本製) 1950年代(日本製)
ダンシングカップル
1930年代(日本製)
犬と少年
1940年代(OCCUPIED JAPAN)
うさぎのバイオリン
1930年代(日本製)