なぜ、どうして、こんな時計を作ったのか?その答は作者に聞いてみるしかありません。骸骨の目玉で時と分を刻んだり、金魚が1秒ごとに動き、時刻を知らせる金魚鉢型の時計等、時計である必要もないところに、変わった時計としての価値があり、こだわりが感じられます。
 
1940年代
日本製
1940年代
日本製
1920年代
ドイツ製
1920年代
アメリカ製
1920年代
アメリカ製